2006年11月21日

同じ放牧でも

大違い

○モンプランス(マイティーホースステーブル)
疲れは取れ、先週末から普通キャンターを3000m乗っている。
元気もあり動きも問題無し。
このまま帰厩に向けてペースを上げていく。

○マイネルトラヴェル(BRF真歌)
http://www.ruffian.co.jp/kinkyo/r03-c.html#103130
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。騎乗時に背中を落とすなど、まだ少し疲れが残っている模様。とはいえ坂路に入ると動きが一変し、なかなかの走りを見せます。背中から後躯にかけての疲れが取れるまではペースアップをせず、馬なりで様子を見ていきます。
なんつーか、対照的。
モンプランスは使っては短期放牧を繰り返しているので、
レースの疲れが取れるのが早いが、トラヴェルはずっと使ってきたので
ちょっくら時間が掛かる感じか。
ただ、完全に緩めている訳でも無いから、
ペースアップしたら仕上がりは早いように思う。

モンプランスは予定通りに中京へ行けそう。
2週目か3週目かな。


posted by しんぷるわーど at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。