2006年11月15日

今週末もひと踏ん張り

真歌分の写真は全部完了。
大事なところは全てカバーできたかな?
明和の分はあしたっ(と言っても、おまけ程度しかないけど)

さて。

○マイネルヴルメリオ(栗東)
11/11 坂路 稍 助手 60.0-45.8-32.7-17.4 馬なり余力
11/12 DW 重 助手 58.4-42.4-13.0 (8)馬なり余力
11/15 坂路 稍 佐藤哲 51.5-38.4-26.2-13.8 叩き一杯

11/19 京都3R 2歳未勝利 ダ1800 佐藤哲三(予定)
またベストだ、全体で7番目時計だ。
ダートに替わり、相手関係が楽になる訳でもないんだけど……
手が戻り、強気で行ってくれるのは確実だから、砂を被らずうまく前半立ち回りたいところか。
でも、そろそろ勝ちたいんやっ!

想定見たらヤマノブルーグラス、テンザンコノハナ、さらにマイネルアワグラス。
このあたりが強敵か。あ、ジョーモルデューも居る。
やっぱ楽では無いわな。ダートが絶対にいいのかどうかも判らんし。


posted by しんぷるわーど at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 出資馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おつかれっ

2006111215.jpg坂路調教を終え引き揚げてくる。


2006111216.jpg3人でカメラ構えてたら物見して、僚馬を崖へ追いやるかと思ったw


2006111219.jpgクーリングダウンも完了


2006111220.jpg


2006111221.jpg運動中の顔は引き締まる


2006111222.jpg馬装を解き、身体を洗って今日の運動は終了。
そしてトラヴェルとも今回はここでお別れなのだ。
posted by しんぷるわーど at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そして調教へ…

2006111210.jpg

大撮影会の後、トラヴェルは馬装していざ調教。
いつもの見学場所へ我々も移動。

もの凄い晴れてる。
でも、それ以上の風。猛烈に吹き付ける。
カメラを構えて立ってると、ふらふらと揺らされるくらいに。

で、待つことしばし。
単走でトラヴェルが坂路を登ってきた。

2006111211.jpg
トラヴェルが眩し過ぎて、じゃなくてサイド光がかなりキツくて
最初は登ってきたのがトラかどうかを判別するのが難しかった。
後ろからも来てるし、docchi? という状態だったけど、Kackyさんの帽子で何とか判別。

風に耐えながらシャッター切ったけど、その時は本当に撮れてるのかと心配になったくらい。
(結果はご覧の通り)
2006111212.jpg   2006111213.jpg

2006111214.jpg
posted by しんぷるわーど at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大撮影会

モデル:M&K

放牧地から戻って、戦い疲れた身体(笑)を休めるべくゲストハウスで一服。
そして、本日のめーーーーーんエベントーーーーーであるトラヴェルの調教見学へ。

いざ馬装……の前にトラを外に出してもらっての立ち姿大撮影会が執り行われました。


2006111207.jpgうん、顔立ちも以前と比べると凛々しくなってきた。


2006111208.jpgあ、あれ?(;゚д゚)



2006111209.jpgモクシと一緒に紫色というかラベンダー色の細い何かが付いています。
ファイテン(?)のネックレスが栗東から一緒に帰ってきたとのこと。


留め具にちょっと緩みがあるようなので、モクシに付けるか調教では外してしまうかしているらすぃ。
なお、BRFの方々で実際に効き目があるのか、ちょっと拝借して重いものもって試してみたとか(笑)
posted by しんぷるわーど at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初対面

朝一番でトラヴェルを撫でた後、調教時間の確認。
3鞍目ってことで時間がある。
じゃあ、とパーティランド05の居場所を聞くと坂路の向こう側
にある放牧地に出しているとのこと。
調教始まっちゃう前に行かないと坂路を横切れないので、まずはこちらへ。

坂路を渡った向こう側には2つの広大な放牧地。
左手には牝馬が、右手には牡馬がそれぞれ放牧されていた。

で、パーティランド05と初対面。
2006111204.jpg   2006111205.jpg

2006111206.jpg寒くなってきているし、馴致始めて間もない状況。
ボテっと見せるのは仕方無い。
でもお尻はイイ感じだし、体質さえしっかりしてくれれば。

後はテレサでは掛かりそうという話だったけど、実際は舌がハミを越しちゃうので、それを矯正してるって話の方が今は問題かもね。


さて、この放牧地ではビューティスカット05にロックオンされてもう大変。
バターンと一頭で寝っ転がったと思ったら、起き上がってこっちに向かってズンズン歩を進めてくる。
その姿に可愛らしさなど一切無し。明らかに人を狙ってる雰囲気。
手で顔やモクシを抑えるもお構いなしに押してきて腕を噛もうとする。
あわやのところで何とか上着だけですんだけど、腕には歯の硬い感触があった。
まともに噛まれてたらと思うとゾッとする。

ということで、余裕を持って写真を撮れなかった orz
posted by しんぷるわーど at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日目の話に戻って…

新千歳空港現地集合で、しまんとさん&kayopisさんと落ち合い、
昼ご飯後にまずは社台ファームでQBL05の見学。(ワタシのじゃないです)

フラッシュ無し、ISO400のフィルムではこれが限界。
2006111101.jpg

案内してくれた社台ファームスタッフは1聞いたら100返ってきちゃう状態で驚いたですよ。

ex.
−−−脚も丈夫そうですね。

丈夫だし、進めて行っても疲れが来ないからどんどんやれています。
牝馬だと競走馬としての調教を始めるとどうしてもカリカリしやすいんですが、
この馬はそんなところがない。みんなこんなんだといいんですけどね(笑)
他の馬だとそろそろ休み入れるところですけど、この馬はどんどん進めますよ。
まぁ、あまり続けると可哀想なのでどこかで休みは入れますけど。
脚元と行っても、鉄を履かせる前だと爪がクッションとなって、こうグッと
衝撃を逃がすので脚にこないんです。問題は鉄を履かせてから。
鉄を履かせると地面を捉えられる代わりに衝撃が逃がせなくなるので、
弱い馬だと脚元にきちゃいます。
ほら、裸足で昼夜放牧しても屈腱炎になったりなんて聞いたことが無いでしょ。
脚元がモヤモヤ…なんてのは全部鉄履かせてからなんです。怪我は別ですけどね。
(残り半分以上、キリが無いので略)

こんな感じ。一言聞くだけでノンストップでガンガン話してくる。
こっちは何も聞けなかったよw

馬はいかにも良血らしい品の良さを感じますた。
これで体質が弱いと大変なんだろうけど、そうでなさそうなので楽しみじゃないですかね。


その後、真歌へ移動。
馬房でお休み中のトラヴェルを襲撃→(・∀・)ニヤニヤ
 →静内の居酒屋でトラヴェル談義3時間半(!)
  →レ・コードの湯に行くつもりが閉まってたw

と、初日はあっという間に過ぎちゃった。
posted by しんぷるわーど at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はここまで

明日は昼から外出〜うまく行けば早くに帰ってこれるので、
(会社に戻るつもりはサラサラ無いw)
残りをババンとアップするつもりです。

快晴のお陰で、いい写真がたくさんあって大変ですよ。
とか見栄張ってみるテスト。
posted by しんぷるわーど at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オレオレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。